セミナー・イベント

 サーキュラーエコノミー(以下、CE)は、大切な資源を無駄にせず、製品使用後の覇気が最小限となるよう予め計画し、リユースやリサイクルをしながらモノを長く使い続ける経済システムです。

 工業資源をはじめエネルギーや食糧などの自給率が低い日本では、CEによって資源を有効に使い続けることが求められており、CE関連市場は成長産業の1つと期待されています。

 資源不足や資源価格の高騰が懸念される現在、企業や私たちができることについて、経済産業省よりオンラインにて講師を招き、オープン・ワークショップを当所工業部会主催として開催します。

 

概要

日時

令和6年2月26日(月)

16:00~18:00

会場

対面:茂原商工会議所2階会議室

オンライン:ZOOMでの参加はこちら(ミーティングID:83599035244、パスコード:275535)

講師

経済産業省
産業技術環境局 資源循環経済課

 吉川 泰弘 様

講義内容
  1. サーキュラーエコノミー(以下CE)の意義
  2. CEの効果・メリット
  3. CEの仕組み(生産・販売~使用~リサイクル等)
  4. CEにおいて、今後義務化される可能性のある事例
  5. CEに取り組むスタート段階で、参考になる他地域等の取組事例
  6. CEに取り組むにあたり、利用できる助成・補助等の制度
受講料

無料

その他

※より充実した勉強会となるよう、参加者の皆様から事前質問を受け付けます。➀企業名➁お名前➂質問内容を、次の会議所代表メール(seminar@mobara-cci.or.jp)宛に、2月16日(金)までにお送りください。

 

 

 

受講申込

R6.02.26(月)『サーキュラーエコノミー勉強会』

開催日 2月26日(月)
定員 30名(あと17名)
申込受付期間 2月12日 08:45~当日まで
申込 申込受付中

※お申し込みの際は上記の「申込受付中」リンクをクリックして申込フォームにお進みください。
定員数に達した時点で、Webからの受付は終了となります。